相模原市と町田市・八王子市の外壁塗装なら「株式会社絆」

相模原市と町田市・八王子市の外壁塗装なら「株式会社絆」

2018年 11月 29日

「外壁塗装」料金相場を一概に言えない理由は?塗装を頼める4つの業態メリット・デメリット

こんにちは!相模原、町田、八王子で外壁、屋根の塗装・リフォームを手掛ける株式会社「絆」(KIZUNA)です。

決して安くないお家の外壁塗装。
「料金相場」はお客様がお住まいの地区・エリアごとによっても開きがある事をご存知でしたか?

例えば、弊社が仕事をしている相模原、町田、八王子の3エリアでも
料金相場は町田→八王子→相模原と順番に安くなっていく傾向にあります。

なぜ料金相場がそのエリアによって変動をするか、その理由は…
数ある会社の中でもそのエリアで案件を1番取っている会社の料金が、エリアの相場の筆頭になってしまうことが挙げられます。

しかし外壁塗装工事が可能な会社には、ハウスメーカーもありますし、個人の職人さんもいます。
この2者間の料金には大きな差があります。

当然個人でやっている方に頼んだほうが安く済みますが、
もしそのエリアでハウスメーカーに依頼が集中しているとすれば、「相場」も引き上げられてしまうことになります。

ではここから、お客様が1番賢い選択ができるよう、外壁塗装工事ができる会社の形態ごとにメリット・デメリットについて見ていきましょう。

外壁塗装の依頼先

お客さまが外壁塗装工事を依頼する先は、大まかにこれら4つの内のどれかだと思います。

(1)ハウスメーカー
(2)リフォーム ”営業” 会社
(3)外壁塗装専門会社
(4)個人事業の塗装屋

こう並べてみると、なんとなく特徴や費用感の違いのイメージが湧いてくるのではないかと思います。
一つずつ細かく見ていきましょう。

「ハウスメーカー」手厚いフォローは安心

はじめに「ハウスメーカー」です。

お家を建てる所からお客様に携わるハウスメーカーは、それだけ大きい会社でもあるので、
比例して「信頼度が高い」ことがお客様にとって安心材料、メリットの1つとなります。

他の3形態と比較すると会社の規模が大きいため、会社自体が潰れてしまうという心配も少なくて済みます。
また、社内体制も整っておりしっかりした「アフターフォロー」が期待できます。

しかし料金についてはその分1番高額です。
ハウスメーカーの料金相場のサンプルとして、弊社も拠点を置く
神奈川県の相模原で1棟30坪のお家を想定し外壁塗装を頼むとすると、「約200万円」位が相場の料金となります。

また、塗装なら塗装など、専門にやっているわけではないので、外部の施工会社に作業を委託するハウスメーカーであった場合、その提携している会社のスキルによって品質にばらつきが出る可能性はゼロではないでしょう。

また、一つ一つがキッチリ体系化されているため追加の要望があれば「追加工事」と見なされやすく、料金体制もキッチリしています。

営業の歩合によって左右されるリフォーム”営業”会社

さて、次にリフォーム営業会社を見ていきましょう。
リフォーム会社ではなく、「リフォーム営業会社」と呼んでいる理由は、あくまで「営業」が主の会社であるからです。

リフォーム営業会社は自社で塗装を行わない事が大きな特徴です。

リフォーム営業会社のメリットは、外装のみならず、内装、お家のリフォーム会社でしたらどんな施工会社にもパイプを持っている事が挙げられます。
ですので「塗装に併せて全てを一新してしまいたいお客様」などは都合が宜しいかと思います。

しかし、このリフォーム「営業」会社には、少しばかり注意が必要です。

お客様が心配しなくてはならなうことの一つには、まず、営業の歩合の比率がその営業会社によって違い、
依頼される会社によっては料金に大きな開きがある事。

二つ目に、外壁塗装に関して全く知識がなくとも、
営業のマニュアルさえ確立されていればリフォーム営業会社は成立してしまうので、
一部の会社ではありますがリフォーム営業会社の中には依頼を受け取るだけ受け取り、
素人同然の塗装業者に仕事を投げてしまうようなケースも実際に存在します。

神奈川県の相模原で1棟30坪のお家でしたら約「150〜180万円」が相場といったところでしょうか。

ですのでリフォーム営業会社に施工を依頼する場合は、信頼が置ける会社に頼むことを強くお勧めします。目安としては、「事務所だけ、営業職だけ抱えている」といった会社は避ける事が無難な選択かもしれません。

塗装に特化した職人集団、デメリットはセールストークが苦手

さて次に、外壁塗装専門会社です。

まずメリットとしては、何よりもまず塗装に特化している会社ですので、
「適正価格」を提示できる点にあります。

そして、仲介業者を挟まず塗装会社がそのままお客様とダイレクトに繋がる事ができるので、
会社と現場での施工内容の行き違いから起こるトラブルの可能性も極端に低い事もメリットの1つでしょう。
追加の要望にも融通がききやすいでしょう。

また基本的に職人もしくは職人だった経営者が運営していますので「塗装の知識」も豊富、
仕事に対してそれなりのこだわりを持っている職人で形成されていることが多いです。

しかし、当然デメリットもあります。まず見た目が「職人」であること。
職人へのイメージは人それぞれあると思いますが、決まってスーツを来てくるわけではありません。
またセールストークなどは不得意。

お客様によってはこのような点を重要視をされる方もいらっしゃると思います。

また、専門店でも営業職がある会社の場合、歩合が発生してしまうことで料金が高くなってしまうケースもあるでしょう。
料金は弊社の場合ですと1棟30坪のお家で「120〜130万」が目安の金額になります。

価格の安さは個人の職人だからこそ!

「個人事業の塗装屋」さんのメリットは、なんと言っても会社の経費がかからない、安価な施工料金です。

上記同様のお家で施工金額は約「80万円〜」が相場です。

外壁塗装専門会社と同じように、営業に伺った者がそのまま現場に入るため「すれ違い」のトラブルも起きにくく融通も効きます。

しかし、やはり個人ですので、「保証」や「アフターフォロー」に過剰な期待をすることは難しいでしょう。

塗装後、何か問題が発覚しても対応できないという可能性もゼロではありません。

加えて、万が一の事故に対応できるかどうかはチェックしておくことをおすすめします。

以上が、お客様から見た時の各4業種のメリット・デメリットになります。

塗装、外壁の塗替え工事をご検討の際は、求める要素に対して価格が適正であるかどうか、一度ご確認いただければと思います。
弊社では外壁塗装のこのようなご相談も積極的に受け付けています。
>ご相談はこちら