相模原市と町田市・八王子市の外壁塗装なら「株式会社絆」

相模原市と町田市・八王子市の外壁塗装なら「株式会社絆」

2018年 11月 04日

塗替えリフォームのお見積り・調査はここまで細かくやる

こんにちは!相模原、町田、八王子で外壁、屋根の塗装・リフォームも行う株式会社「絆」(KIZUNA)です。

絆では外壁・屋根の塗り替え工事のお見積りを無料で行なっております。

いくつもある塗装会社の中から、一生モノの家を施工する1社を決めるのは簡単なことではありません。

私たちがお見積りのご相談をいただいた際には、

ただ概算のお見積りをご提示するのではなく細やかにお家をすみずみ調査し、今の建物の状況と、今後懸念される暮らしへの影響、また必要な対策方法をしっかりとまとめた「建物診断報告書」をセットでお渡ししています。

なぜ絆に外壁リフォーム、屋根リフォームのご相談が届くのか、今日はその辺を少しご紹介したいと思います。

外壁・屋根といってもチェックするのは面だけじゃない

外壁塗装、屋根塗装といっても、現地調査で調べる必要があるのは壁面と屋根だけではありません。

住宅にはさまざまな素材が使われており、特に雨や風、紫外線を直接浴びる外部は木部や鉄部、またシーリングと言われる壁面や窓枠の目地の充填剤まで入念なチェックが必要です。

ここで少しご紹介します。


・木部の劣化


軒天井や破風版、鼻隠しなど屋根からの雨風の侵入を防ぐため取り付けられた、

屋根を取り囲む周辺部位では頻繁に木部に塗った塗装の剥離が見られます。

これらの、特に破風板や鼻隠しなどは屋根や天井を守るためにあるわけですから、

その分劣化も激しい箇所です。

中でもよく雨の当たる箇所を中心として剥離が起こり、放置していると木材の割れや腐食を引き起こす原因となります。長く放置されてしまった木部の塗装は、全面にヒビが入り、パリパリと簡単に剥がれてしまいます。

元になっている木材の傷みの程度が著しい場合には、撤去や交換工事が必要になってしまうケースもあります。

塗装工事で補修が可能なうちにメンテナンスをご検討ください。塗替え工事の際には、剥離している塗膜の下地処理をしっかり行い、その上で専用下塗り塗装をした後、仕上げ塗装をする工程が必要です。

・鉄部の劣化


ベランダや外階段の手すり、雨戸や戸袋など鉄部もサビが発生しやすく、放置してしまうと腐食が起こる原因となります。

また鉄部に関しても木部と同じように、腐食や穴が空いてしまうなど元になっている基材の劣化が激しい場合には、撤去・交換工事が必要となってしまうこともあります。

鉄部の塗装劣化の対策には、発生してしまったサビを念入りにケレン作業にて除去し、その上でサビ止め塗装を行います。ここでサビの除去を怠ってしまうと、その後の仕上げ塗装の耐久性に影響しますので要注意です。

  • シーリング(目地の充填剤)

  • 壁面や窓枠サッシまわりに充填剤として用いられるシーリング。家の外壁目地にゴム状の素材が打たれている箇所があると思いますが、それらがシーリングです。

    シーリングは外壁を雨から守る防水性、クッションとなることで建材の破損を防ぎ隙間をつくらない気密性を保つ役割などを持っています。

    しかし経年劣化や、気温の変化などによる膨張や収縮を繰り返すことで、これらも剥離やひび割れを起こし本来の役割を十分に果たせなくなり、雨水などが建物内部に侵入する原因となります。シーリングの劣化もあの嫌な雨漏り、内部の建材劣化の要因なのです。

    シーリングに劣化が見られる場合、その程度によっては打ち直しが必要となります。

      絆の建物診断報告書では5段階判定で住まいの現状をお知らせしています!

      実は外壁・屋根のリフォーム工事といっても、このように普段あまり気にかけないような箇所、家の部位の劣化状況もしっかり見ておくことが非常に大切です。

      私たちがご提示している建物診断報告書では、このような項目を訪問時に丁寧にチェックし、また写真を撮影させていただき、実際の写真を使ってご説明しています。

      また劣化状況は5段階で判定し、現状どの程度の劣化が見られているのか、補修工事は必要か、もしくは次回のメンテナンス時でいいのかなど細かくお伝えしています。

       

      LINE@でも無料お見積り・無料調査のご依頼は受け付けておりますので、

      塗装会社の選び方がわからない、一度他社と比較してみたい、普段見えない家の箇所がいまどうなっているか知りたいなど、ご相談はお気軽にご連絡ください!