相模原市と町田市にある外壁塗装「株式会社絆」

相模原市と町田市にある外壁塗装「株式会社絆」

2015年 08月 10日

外壁塗装リフォームのタイミング

大切な我が家に、長く住み続けるには外壁塗装がとても重要になってきます。
外壁塗装は月日の経過によって、塗膜の劣化が進み家の寿命を縮めてしまいます。そのため、外壁塗装リフォームは劣化が進む前に済ませておく事が大切です。しかし、そのタイミングの見極めがとても難しいといわれています。そこで、外壁塗装塗り替えのタイミングを見極めるコツをご紹介させていただきます。

一般的な目安としては、木や鉄の部分は5年おき、モルタル壁は10年おき、サイディングのシーリングは5年~10年ごとにメンテナンスを行っていくとなっていますが、使う塗料や材料によって寿命は変わってきます。また、日のあたる場所や常に風に晒されている外壁などは、劣化が早く進むので外壁劣化のサインを見逃さないように気をつけましょう。
外壁塗膜の劣化は下記の順で進んでいきます。

塗膜の劣化順序

① 光沢が落ちてくる
② 色が褪せて変色してくる
③ チョーキング現象がみられる
④ 塗膜が剥がれてくる
⑤ 外壁基材の露出がみられる

この順序でいうと、③番のチョーキング現象がみられたら外壁塗装リフォームのタイミングです。
チョーキング現象とは、紫外線などで塗膜が劣化した状態で、壁に触れたときにチョークのような白い粉がつく現象の事をいいます。④番や⑤番まで劣化が進んでからのリフォームは工事費も高くなり、期間も長くかかってしまいます。

効率よく塗装リフォーム出来るタイミング

・外壁がからむ工事とまとめてやる
室内のリフォームでも外壁補修が必要な場合があります。例えば、窓の位置変更や、換気扇を移動させる際は、その周辺の外壁の補修が必要になります。外壁の補修には足場が必要となってきます。しかも足場をかける費用というのは依頼する業者にもよりますが、約20万前後かかるといわれています。例えば、高所の雨どいの交換や屋根の修理・掃除などで足場をかけるついでに外壁塗装リフォームもまとめて依頼すると費用を抑える事が出来ます。

このように外壁塗装のリフォームはタイミングを見極めて行う事が大事です。上手に見極めてお得にリフォームしましょう。
株式会社絆では、東京都の町田市を中心に八王子市や世田谷区、神奈川県は相模原市を中心に全域で屋根塗装や防水工事、内装工事などリフォーム全般を行っております。
相模原市または町田市、八王子近郊でリフォームをお考えの方はぜひ一度「株式会社絆」までご相談ください。

お電話でのお申し込み・お問い合わせは TEL 042-703-4211
メールでのお問い合わせはこちら

この記事を読まれた方は以下の記事も読まれています。

Tags: